【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 お金を残す経営財務

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※ご登録後、すぐに最初のメールセミナーをお送りします。

多くの社長がやってしまう勘違いとは?

第151話:多くの社長がやってしまう勘違いとは?

「舘野さん、会社のお金のことは、全部、経理担当者に任せていたつもりなんです。それなのに、突然『社長、このままでは資金ショートします』って、他人事のように言ってきたんで、頭が真っ白になりました。」先代社長であるお父様の急逝をキッカケに、急遽、社長に就任されたとある二代目社長さんの言葉です。

多くの社長は、このように考えます。
「会社のお金のことは、経理担当者が見ているはずだ・・・」
「顧問税理士に会社のお金のことは任せているから大丈夫・・・。」

しかし、これらは間違いです。

経理担当者は、既に起きたお金の流れに沿って伝票を起票し、会計処理をしているにすぎません。税理士も、経理担当者が行った処理を確認した上で、税金計算をしているにすぎません。つまり、経理担当者も税理士も仕事の起点は「過去」にあるのです。

したがって、もし、社長が自分の会社のお金のことを経理担当者や税理士に任せていると思っていたとしたら、それは大きな勘違いなのです。そして、それがただの勘違いで笑って済ませられるレベルであればまだ良いのですが、場合によっては、いずれ会社を潰しかねない重大なミスを引き起こす要因にもなりかねないレベルの話なのです。

そもそもの大前提として、社長は、「経理」と「財務」は、全く違うものであるということを正しく認識しておかなければなりません。

まず、経理は、「既に動いたお金の管理をすること(日々の取引の記帳・決算書の作成)」であり、視点は「過去」になります。

経理の役割は、正しい記帳や、早くて正確な月次決算報告・年度決算報告が最も重要な役割となります。したがって、業務の性質上、どうしても視点が「過去」になってきます。確かに会社のお金を扱う側面もありますが、あくまでも「過去」のお金を見ているにすぎないのです。したがって、社長は、この点を正しく認識して経理担当者を活用していかないと、いつまでたっても認識のズレが生じてしまうのです。

それに対して、財務は、「これから動かすお金の管理(資金繰り・資金調達・計画策定など)」であり、あくまでも視点は「未来」になります。

財務の役割は、日々のお金の流れを管理し、資金がショートしないように資金繰りを考え、財務基盤を強化しながら資金を創出するための意思決定をしていきます。

さらに、必要に応じて資金調達の計画立案や金融機関との折衝をすることだってあります。思考の起点は、「いかにお金を残すか?」であり、そのための意思決定を伴いますので、当然、会社の全責任を負える社長でなければ、その責務を全うすること自体、難しくなってきます。

つまり、「財務」は、あくまでも社長のための実務なのです。

お金(キャッシュ)は、会社経営にとっての血液のようなものであり、会社にお金がなくなってしまえば、会社は潰れてしまいます。極端な話、赤字でも会社は潰れません。しかし、会社にお金がなくなってしまえば、会社はあっという間に、簡単につぶれてしまうのです。

どんなに大きな会社でも、小さな会社でも、「財務」が強い会社は、どんなことがあっても潰れません。大切なことは、社長自らが「いかに会社にお金を残すか?」という発想を持つことであり、そのための具体策として社長自らが財務中心の会社づくりをすることなのです。

事業永続のキーポイントとなる「財務」こそ、最も重要な社長のための実務なのです。
「財務」こそが、会社の未来を創るのです。

あなたは、「経理」と「財務」の違いを、正しく理解できていますか?
あなたの会社には、真に会社にお金を残すための財務戦略がありますか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント
舘野 愛

————————————————————————————
【同族会社のオーナー社長・二代目社長専門の財務コンサルティング機関】
社長と会社にお金を残す!増やす! 儲かる資金繰り・節税対策・資金調達
 100年企業を目指す「ダイヤモンド財務®」のユメリアコンサルティング
————————————————————————————