【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 お金を残す経営財務

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※登録後すぐ「同族会社だからできる!売上が1円も増えなくても、キャッシュを増やす方法」をお届けします。

会社を潰す社長に共通する●●至上主義

227話:会社を潰す社長に共通する●●至上主義

 「舘野先生、私は、社長に就任してから、売上を増やすためにあらゆる努力をしてきました。自分なりに、精一杯頑張ってきたつもりです。それなのに、いつまで経っても経営は苦しいままで、もう、どうしたらいいのかわからないくて…。」社長に就任されてもうすぐ10年を迎えるとある2代目社長さんからのご相談です。

当社は、同族会社と社長の財産管理(お金が残る仕組みづくり)実務の専門機関なので、実に、様々な会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。同族会社の社長の支援に特化しているため、ご相談にいらっしゃる社長さんといえば、2代目社長・3代目社長などの後継社長さん方が中心になりますが、次の成長発展を見据えて強い会社づくりをしたいと願う創業社長さんからのご相談も多く寄せられます。

 

 売上至上主義の社長が会社を潰す

当社では、常々「社長の仕事は、会社の未来を創ること」であり、その未来を創るために絶対に欠かせないツールが「財務の実務」であるということを繰り返しお伝えしておりますが、それは、2代目社長・3代目社長などの後継社長に限らず、ご自身で事業を立ち上げた創業社長でも何ら変わりありません。

ビジネスの世界に限らず、どんな世界においても、目指したい理想の未来から逆算して、「正しい努力」をするからこそ「成功」を勝ち取ることができます。もし、万が一、なかなか理想の未来に辿り着けないのであれば、「やり方」だったり、「考え方」に欠陥がないか?ということを自ら省みなければなりませんし、そもそもの「行動量」自体が十分なものだったのかを考えなければなりません。

その上で、本気で強く永く続く会社づくりを実現したいのであれば、会社経営の土台であり、経営基盤の根幹をなす「財務」を徹底的に強化することを、社長自らが本気で考えなければならないのです。

なぜなら、どんなに大きく夢を描いて、理想を語ったとしても、財務が貧弱であれば、いつまで経っても資金不足の不安から解放されず、資金ショートの心配と闘いながら経営を続けていかなければならなくなります。毎日のように資金の心配をしながら、いつも銀行の顔色ばかり気にするようになっていけば、当然、経営判断そのものに狂いが生じるようになっていくからです。

売上至上主義思考の会社に未来はない

特に、苦しい経営状態の時ほど、表面的な売上を増やすことではなく、もっと本質的で根本的な未来に向かっての「打ち手」を考えて実行に移さない限り、今日も、明日も、明後日も、ずっと同じことで悩み続けることになります。しかし、大切なことは、「悩むこと」ではなく「考えること」です。

具体的には、数字で具体的に自社の現状と向き合い、未来に向かって自社の財務を強化するための具体策を考えて、実行に移すことなのです。

もちろん売上を増やすという行為は、尊いものであり、商品やサービスを購入してくださる消費者がいなければ、事業として成り立たないのも事実です。しかし、あくまでも「売上を増やす」ということは、日々の経営活動の一コマでしかないのです。むしろ、表面的な売上アップは、百害あって一利なしであるということに気付かなければならないのです。

事業永続という視点で考えるなら、最も重要なことは、「お金」であり、どんなことがあっても潰れない「財務」基盤をつくることなのです。そして、この「財務」の実務は、経理担当者でもなければ、税理士でもない、社長にしかできない最も重要な実務なのです。

どんな業種・業界においても、周囲を見渡せば必ず上手くいっている会社や、成功している会社が存在します。その一方で、なかなか経営が上手くいっていない会社や、失敗している会社も存在するのは、なぜでしょうか。どうして、成功している会社はますます豊かに成長発展していくのに対して、失敗している会社は、日を追うごとに経営が悪化していくのでしょうか。

その答えは、成功している会社ほど、社長自らが会社の未来を見据えて、先手先手で次の一手を打っているからです。ビジネスの世界では、よく「3年前に種をまく」という表現が用いられますが、強く永く続く会社づくりを実現するためには、未来に花開く種を継続的にまき続けるという発想が不可欠なのです。そして、そのための経営判断の基軸となるのが「財務」なのです。

ダイヤモンド財務の社長は、財務の視点から自社の現状を数字で具体的に把握した上で、「どこに種をまいたら大きく花開くか?」を考えます。着眼点はもちろん「真にお金を増やすこと」にあります。

ガラス財務の社長は、売上を増やすことだけを考えます。今までのやり方の延長線上の答えがないため、当然、今日も、明日も、明後日も、経営は苦しいままです。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。

あなたは、社長として、会社の未来をつくれていますか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

————————————————————————————–

日本で唯一の「同族会社専門」財務コンサルティング機関
 社長と会社にお金が残る仕組みづくりの専門家
 『ダイヤモンド財務®』のユメリアコンサルティング株式会社

————————————————————————————–

 あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※登録後すぐ「同族会社だからできる!売上が1円も増えなくても、キャッシュを増やす方法」をお届けします。