【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 事業承継・相続対策

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※ご登録後、すぐに最初のメールセミナーをお送りします。

同族社長こそ「●●」対策が不可欠な理由

221話:同族社長こそ「●●」対策が不可欠な理由

 「舘野先生、ウチの会長は、相続対策については全く無関心のままで困っています。この間も株のことをそれとなく聞いてみたら、急に怒り出してしまって…。」先般、先代社長であるお父様から社長の座を譲り受け、お父様は会長、ご本人は代表取締役社長として日々の経営の舵取りをされているとある2代目社長さんからのご相談です。

 社長なら誰しも、年末の時期は、自ずと自社の一年を振り返りつつ、将来に向かっての戦略を考えたり、あるいは、「緊急ではないけれど、重要なこと」について思いを巡らせたりする、大変貴重なタイミングでもあります。

 会社の場合は、事業が永続する限り何年でも永続していきますが、人間の体には寿命がありますので、どんなに元気で仕事が大好きであっても、いずれ、必ずバトンタッチをする時期がやってくる、それが現実です。

 ところが、上場会社の社長交代のように、アッサリ交代できたらいいのですが、同族会社の場合はそうはいきません。なぜなら、同族会社の場合は、「経営」のバトンタッチだけでなく、「財産」の承継も不可欠だからです。同族会社の場合は、個人と法人が複雑に絡み合っていますから、「財産」の承継に関しては、少し専門的な知識も必要となってくるのも事実です。

 

 先送りすればするほど、状況悪化するのが世の常

 難しい話や、ややこしい話は、誰しも避けて通りたいものですし、ましてや、自分自身の「死後の世界」を連想させる相続の話については、できる限り考えたくない、まだまだ自分は現役だ…そう考えたい気持ちもわからないこともありません。ですが、それを放置しておくとどうなることか…ということです。

 現実は皮肉なもので、先送りをすればするほど、ますます「争族」の火種が粛々と大きくなっていきます。特に、同族会社のオーナー一族の中でも、「兄弟(姉妹)仲があまり良くない」「想定相続人の中に血縁関係のない人がいる」「想定相続人の中に、ちょっと困った人?がいる」場合には、正しい手順に沿って、しかるべき打ち手を打っておかないと、後々取り返しのつかない事態を引き起こす可能性があることを、社長は知っておかなければなりません。

 一度でも相続問題でモメてしまうと、ほぼ、一生、人間関係の修復は不可能と言っても過言ではありません。金銭トラブルというのは、金額の多寡に関係なく生じますし、何よりツライのが、無駄な精神的なストレスです。お金がらみのトラブルや心配ごとは、知らず知らずのうちに心身をむしばんでいきます。

 だからこそ、安定的な事業継続のためにも、家庭内の平和のためにも、相続対策は早すぎるぐらいで丁度良いのです。そもそも同族会社のオーナー一族の場合は、他の一般的な家庭に比べて「争族」のリスクが高いのですが、その理由は、同族会社のオーナー一族の財産構成に起因しています。

 同族会社こそ「争族」対策は早期に行う!

 例えば、同族会社の場合、過去からの内部留保がある自社株式は高額になりがちですし、事業用に使っている不動産なんかも存在します。事業に直接関連しない資産、例えば、現金や普通預金、株式や投資信託などであれば、後継社長以外の想定相続人に承継することも可能ですが、事業に直接関連するような「不動産」や「自社株式」は、後継社長が承継せざるを得ません。

 しかし、その一方で、「不動産」や「自社株式」は、市場で売るわけにもいかず、純粋に、後継社長が経営の舵取りを円滑に行うために保有するだけなのにも関わらず、皮肉なことに相続税評価額が高くなってしまう傾向にあるのです。後継社長としては、換金することのできない資産を承継し、オマケに多額の相続税負担に悩まされ、場合によっては、銀行から相続税納税資金を支払うために借金を抱えるケースだって珍しくありません。

 その一方で、後継社長以外の想定相続人は、事業に関連しない相続財産を承継することになるのですが、往々にして、「後継社長だからって、たくさん財産を相続して不公平だ」とか「お父さんは、昔からお兄ちゃんだけえこひいきしている」などなど、後継社長にはあずかり知らぬ事態が引き起こされてしまうのです。あなたの会社はどうでしょうか。

 ダイヤモンド財務社長は、相続対策は早すぎるぐらいが丁度良いと考えます。「争族」を回避するための相続対策のロードマップを社長交代のタイミングで用意するため、会社だけでなく家族も安心します。

ガラス財務の社長は、相続対策は不要と考えます。その結果、イザ事が起きた時は、往々にして「争族」の火種は大きくなっていて、手に負えなくなります。当然「争族」が起きれば、経営も不安定になります。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。

あなたは、社長としてどちらの道を選びますか?      

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

————————————————————————————–

日本で唯一の「同族会社専門」財務コンサルティング機関
 社長と会社にお金が残る仕組みづくりの専門家
 『ダイヤモンド財務®』のユメリアコンサルティング株式会社

————————————————————————————–

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※ご登録後、すぐに最初のメールセミナーをお送りします。