ユメリアコンサルティングをお薦めします!

想像以上の充実した内容で、もやもやしていたものがスッキリしました。

(建設業・東海 主要都市 / 創業50年・年商15億円・社員数30人)

当社は、一言でいうと「なぜかいつもお金に忙しい」そんな状態でした。会社経営において資金調達は当然必要なのはわかっているつもりでしたが、いつも何となくお金が足りなくなったら銀行に行って借りてきて、借りたお金を淡々と返して、そしてまたお金が足りなくなったらよその銀行に行って借りてきての繰り返し・・・。

税理士に勧められた節税対策をしても、資金調達コンサルタントの指南を受けて手元の資金を増やしても、お金はあっという間になくなってしまって、不安は解消するどころかますます大きくなる一方でした。今は金融機関の融資姿勢も緩やかですし、当社の事業自体は堅調ですから、表面上は特段問題が無いように見えますが、会社の5年後10年後を見据えたら、何とも危なっかしい、心もとない台所事情だったのです。

「もしかしたら、根本的に何かが間違っているのではないか?でも何が間違っているのかがわからない。」そう思っていた時、偶然、先輩経営者の紹介で舘野先生のことを知りました。セミナーに参加し、舘野先生が提唱されるダイヤモンド財務の話を聞いて、直観的に「コレだ!」と思いました。売上のことは真剣に考えてきたけど、財務のほうは苦手ということもあってなんとなく他人任せにしてきましたが、このままではいけない。当社が今抱えている漠然とした問題を明確にし、解決に導いてくれるのは、舘野先生しかいないとピーンときたのです。

コンサルティングが始まってからは、毎回の宿題が楽しみになりました。いずれも非常に考えさせられるものが多く、できればもっと早く舘野先生と出会いたかったなと思うことさえありましたが、何とか最後までカリキュラムを終えることができホッとしています。

舘野先生のコンサルティングを受けたことをキッカケに自社のあり方をじっくりと見直し、今まで当社になかった「財務」という視点から、5年後10年後も確実に生き残れる強い会社に生まれ変るための取り組みをはじめました。

今となってみれば、ダイヤモンド財務のスタートは、きっと今が自分にとってはベストなタイミングだったのだと思います。舘野先生これからもどうぞ宜しくお願いします。