【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 お金を残す経営財務

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※登録後すぐ「同族会社だからできる!売上が1円も増えなくても、キャッシュを増やす方法」をお届けします。

会社を強くする次世代経営者の考え方

第35話_WEB横500・-FB縦200.jpg

第35話:会社を強くする次世代経営者の考え方

「舘野さん、今期は、売上を増やすために新規出店を急いだのですが、相変わらず、資金は目減りする一方なんです。利益率も下がってきていて、シャッキンばかりが増えてきている気がして仕方がないんです。」先般、ご相談にお見えになられたある若手の起業家さんからのご相談です。

会社経営をしていく中で、「売上を創造する」ということは、大変重要なことです。
お客様がいて、初めて経営として成り立つものですが、売上を創造するということと会社を守るということは、違う次元の話です。

多くの経営者や一般的な職業会計人は、「売上を増やせば、潰れない会社になる」と考えます。しかし、それが行き過ぎた場合には、いわゆる「売上至上主義」となり、場合によっては、社長自らの経営判断で、自社の未来の可能性の芽を摘んでしまう悪手を打ってしまうことがあります。

新規出店を急げは、当然ながら投資コストがかかります。
敷金・礼金、内部造作、それから商品仕入、製造、社員やパートの人件費・・・。
それらを回収するための期間も要します。そうなると、当然資金繰りも苦しくなります。
全てを自己資金で賄っていれば借入返済という問題はありませんが、金融機関から資金調達をして賄った場合には、当然ながら借入金を返済しなければなりません。

借りたものを返すというのは至極当たり前のことなのですが、資金繰りに詰まってしまう会社は、それが困難になります。そしてその多くは、金融機関から資金調達をする際、ある重要な視点を見落としてしまっている・・・ということに後々気が付くのです。

借入は、あくまでも最後に残ったお金から返済する性質のものです。つまり、税金を支払った後の手元資金から返します。ですから、本来ならば、金融機関から資金を調達する際は、税引後の利益から逆算して、毎月どれぐらいの借入金の返済であれば無理なく返済できるのかを考えなければならないのです。

金融機関対応など「自社にとって最適な資金調達の方法がどういったものであるのか?」については、ある絶対的な手順に沿って、正しい経営判断を重ねていかなければ大変危険なものなのですが、多くの場合は、正しい経営判断のモノサシとなる基軸を持たずに決断を下してしまっています。

長らく成功し続けている経営者ほど、間違った経営判断を下してしまった時に、その事実を気づかせてくれるブレーンが身近にいたり、あるいは、自分の経営判断の拠り所になるような社長専用の経営のモノサシを持っているものです。

正しい経営判断を下すためのブレーンのアドバイスや社長専用の経営のモノサシを上手に使いこなしながら、タイムリーに軌道修正をしていくのです。短くしっかりと反省することがきちんとできれば、必ず、次の成長発展へのステップになります。

その一方で、いつもなかなか物事が上手く進まない・・・と嘆いている経営者ほど、無策で、現状維持思考だったりするものです。

「景気が悪いから、そんなこと無理だ・・・」
「今は、お金がないから○○なんてできない・・・」
「今は、人がいないからまた今度・・・」
「取引先の指示だから逆らえない・・・・」
「銀行からの要請だから断れない・・・」

経営者の仕事というのは、ある意味、道のないところに道を切り拓くようなものです。道のないところ、前例のないもの、これをどうやって乗り越えていくのかを考えるのが経営者としての務めです。ゆえに、経営者は孤独であり、だからこそ世の中にないものを生み出す大きなエネルギーを持つ唯一無二の存在でもあるのです。過去に囚われることなく、誰に頼ることなく、自らの力で思考し、未来を切り拓いていくしかないのです。

未来を見据えて考え抜いた「次の一手」を、社長自らが明確な未来を描き、それに向かって正しい経営判断を積み重ねていくことこそが最も重要なのです。

あなたは、自社の未来を数字で語れますか?
明るい未来を掴み取るための経営のモノサシがありますか?

舘野 愛

 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
舘野 愛

————————————————————————————
【同族会社のオーナー社長・二代目社長のための財務コンサルティング機関】
 社長と会社のお金を増やす資金繰り・節税対策・資金調達
 「ダイヤモンド財務®」コンサルティングのユメリアコンサルティング
————————————————————————————