【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 お金を残す経営財務

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※登録後すぐ「同族会社だからできる!売上が1円も増えなくても、キャッシュを増やす方法」をお届けします。

生き残る会社が重視すること

第316話:生き残る会社が重視すること

「舘野先生、今期は、きっとボロボロの決算になると覚悟していました。ところがフタを開けてみたら予想を上回る好成績に、自分でも驚いています。」目下、財務中心の会社づくりのために奮闘中のとある東北地方の2代目社長さんの一言です。

 

生き残る会社と潰れる会社を分かつ違い

ウィズコロナ時代が2年目に突入し、どんな業種業態であっても少なからず今までの経営のやり方を見直さざるを得ない局面になってきました。

ここ最近、強く感じるのは、どの業種業態であっても、全てが軒並み「良い」とか「悪い」というわけではない…ということです。

どんなに厳しい経営環境下であったとしても、社長が財務を判断の基軸として持っている会社は、本当に「強い」という現実です。

その上で、これからの厳しい経営環境下を生き抜いていくためにも、今一度、深く、そして真剣に、何度も何度も考えてもらいたいことがあります。それは、具体的に下記の3つです。

1つ目は、「現金を厚めにもつこと」、そして、2つ目は、「流血(赤字)があれば、直ちに止血すること」、最後に3点目は、「時流に抗わないで、逆に乗る」です。

細かいことを言えば、他にも考えるべきことや、やるべき打ち手は多々あります。

ですが、一番大切な「基本的な心得」として、特に、今お伝えした3つの考え方は絶対的に外せません。

この3つの考え方を本当の意味で理解して、実際に行動レベルに移せているかで未来が変わってきます。

なぜなら、アタマで分かっているのと、実際に行動に移せるかどうかは、別次元の話だからです。

大切なのは「実行」できるか否か

もっというと、この3つの考え方の中で最も難しいのは、言うまでもなく 「止血」です。

アタマではわかっていても、心情的に決められない、その結果、毎月多額の赤字が流血していく。結果的に資金が不足するので、月を追うごとに借金ばかりが増えていく。

そうなってしまえば、まさに負のスパイラルです。これに関しては、社長が冷静に現実を見極めた上で「決断」をするしかないのです。

どんな会社でも、探せば必ず「強み」だったり「未来の種」があります。会社の未来を切り拓くためには、ここに経営資源を集中することが不可欠です。

そのためにも、流血(赤字)が未来を切り拓く足かせにならないよう、徹底的に防がなければなりません。

社長自らが、自社の状況を数字で具体的に理解した上で、将来の見通しを自分なりの仮説を立てて、数字に落とし込むこと。

今は、社長自らが覚悟を持って決断し、スピード感を持って未来を切り拓くための「次の一手」を打つ時です。

ダイヤモンド財務の社長は、あらゆる経営課題の中で最も優先して「お金の問題」を解決することを考えます。ゴールから逆算して、今、なすべきことを「決断」します。

ガラス財務の社長は、経営判断の基軸がないため、結果的に成り行き任せになります。その結果、いつまで経っても決められません。

あなたは、社長として、会社の未来をつくれていますか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

 

 

————————————————————————————–

日本で唯一の「同族会社専門」財務コンサルティング機関

社長と会社にお金が残る仕組みづくりの専門家

『ダイヤモンド財務®』のユメリアコンサルティング株式会社

————————————————————————————–

 

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない」「会社のお金の流れが分からない」「自分の経営判断に自信が持てない」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、下記よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※登録後すぐ「同族会社だからできる!売上が1円も増えなくても、キャッシュを増やす方法」をお届けします。