【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 お金を残す経営財務

あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※ご登録後、すぐに最初のメールセミナーをお送りします。

成功社長の共通点、失敗社長の共通点

218話:成功社長の共通点、失敗社長の共通点

 「舘野先生、今期は、売上だけでなく利益までもが目標数値を大幅に上回る結果になりました。今まで抱えていたお金の悩みが、まるでウソのようです。本当に嬉しいです。」昨年、無事、ダイヤモンド財務コンサルティングを終えられて、定期的なサポートをさせていただいている社長さんから頂いた嬉しい一言です。

当社では、コンサルティングを終えられた社長さんに対して、ダイヤモンド財務化への取り組みを、より一層加速させていただくためのサポート体制も整えています。

一度、ご縁を頂いた社長さん方とのご縁が長く続く自体も、とても喜ばしいことなのですが、何より嬉しいのは、サポートさせていただいている社長さんの多くが毎年、目標としていた「基準」を上方修正し、あらゆる数値計画を良い方向へ引き上げていくという、善循環のスパイラルに突入していく様子をこの目で見届けられることです。

経営の質が向上していけば、当然、経営の自由度や選択肢が増えて、社長だけでなく会社を取り巻くあらゆる人々の生活の質向上に繋がっていきます。それが、社長さんの笑顔や、そのご家族、社員さんや取引先の成長発展に繋がっていきますし、企業の豊かな成長繁栄は、当然、エンドユーザーとなる消費者の方々の暮らしも豊かにしていきます。

当社は、あくまでも社長さんの黒子(くろこ)であり、日頃、表にでる存在ではありません。だからこそ、当社の活動がお役に立っていると実感できる瞬間ほど嬉しいものはありませんし、より多くの社長さんにダイヤモンド財務を広めていきたい…と感じるのです。

成功社長は、前進するための「自責思考」

冒頭の社長さんも、最初は、「会社のお金の流れが分からない…」「何をどうしたらいいのかがわからない…」といった状態からのスタートでしたが、1年間のコンサルティングを終えて、社長ご自身の予想を上回る結果を手にされました。もちろん社長さんご自身が人一倍努力し、社員さんと一丸となって手に入れた成果であること自体は何ら変わりません。

この社長さんがやったことは、たった一つ、「自社の数字と向き合い、未来に向かっての打ち手を一つ一つ地道に実践すること」です。文字にすると、とてもシンプルなので、「そんなこと当たり前だ…」とか「そんなことわかっている…」というお声が聞こえてきそうです。

ですが、本気で自社の数字で向き合うことも、未来に向かっての打ち手をアタマの中で考えるだけでなく、実際に行動に移すことは、社長としての本気の覚悟がなければできないものです。

ここで大切なことは、成功している社長さんに共通するのは、全て「決めるのは、社長である自分」という本気の覚悟があるという点です。そして、自社の数字と真正面から向き合い、今日よりも明日、明日よりも明後日、より良い未来を切り拓くためのツールとして「財務思考」を駆使しているものです。

あくまでも、社長の仕事は、会社の未来を創ることです。

そのための具体策を数字で具体的に考え、決断し、次の一手を打っていく…このスピードを速めていくことこそが最も重要なことなのです。特に、経営が苦しい時ほど、「スピード」が不可欠になります。

なぜなら、勝手に経営が良くなるような自然治癒的なことなど、現実的には、絶対にあり得ないからです。むしろ、現実はその逆で、時間が経てばたつほど、事態はますます悪化していくものなのです。

だからこそ、経営が上手くいっている社長さんは、誰しも、目標とする未来の数字を決めて、そこから逆算して、今やるべき経営判断を下し、未来を創るための「次の一手」を何度も何度も考え、徹底的に行動していきます。経営が苦しくなってからは遅いと考え、そうなる前に、より良い未来をつかみ取るための決断を繰り返しているのです。

失敗社長は、現実逃避の「他責思考」

その一方で、なかなか苦しい経営状態から抜け出せない社長がいるのも事実です。経営が苦しい社長の多くは、よくこのようにおっしゃいます。

「ウチは田舎だから仕方ない…」「経営環境が良くないから…」「取引先の値下げ要求が厳しくて…」「従業員がなかなか言う事を聞かない…」「銀行が思うようにお金を貸してくれない…」などなど、自分の会社が苦しい理由が次から次へと出てきます。

確かに、社長一人だけの努力では、なかなか解決できない経営課題が存在するのも現実です。しかし、社長にとって重要なことは、その上で、自社の未来をどう切り拓いて考えていくことです。出来ない理由をただただ一生懸命に説明することぐらいなら、子供だって、誰だってできます。

誤解を恐れずに言えば、今現在、社長自身の周りにいる従業員・家族、取引先・金融機関、お客様や市場などなど、全ては最終的に、社長である自分自身が選んだ結果です。

これは、創業社長であっても、二代目・三代目などの後継社長であっても、「全ては自分自身の決断の結果であること」に変わりないのです。自分の人生は、自分のチカラで切り拓くものであるのと同じように、自分の会社の未来は、社長の本気の覚悟で切り拓いて然るべきなのです。

厳しい表現になってしまいますが、もし、自分の会社の経営が苦しいと感じるのであれば、それは、社長である自分自身が決断を先送りし、数字で会社の未来を考えるという「経営」をおろそかにしてきた結果であるということに一刻も早く気付くべきなのです。

その上で、財務は、社長の事業を通じた夢実現を叶えるための唯一無二のツールであり、最短距離で成功をつかみ取るためのエンジンなのです。本気で強く永く続く会社づくりをしたいと願うのであれば、社長自身が未来を創るという覚悟を持ち、その上で、自社の数字で本気で向き合うための財務思考を身につけるべきなのです。

ダイヤモンド財務の社長は、未来を創るのは「社長の決断」にあるということを知っています。

だからこそ、自社の数字に本気で向き合い、自責思考のもと、より良い未来を切り拓くための打ち手を考えます。

 ガラス財務の社長は、いつまで経っても被害者意識から抜け出せず、目の前の現実と向き合おうとしません。

ただただ現状を嘆き、周囲に責任転嫁して自分を守るのに必死です。その間に、状況はますます悪化していきます。

あなたは、社長としてどちらの道を選びますか? 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

————————————————————————————–

日本で唯一の「同族会社専門」財務コンサルティング機関
 社長と会社にお金が残る仕組みづくりの専門家
 『ダイヤモンド財務®』のユメリアコンサルティング株式会社

————————————————————————————–

 あなたも、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れが分からない…」「自分の経営判断に自信が持てない…」と悩んでいませんか?

当社は、このようなお悩みを抱えている社長向けの【無料メールセミナー】を配信しています。宜しければ、▼下記▼よりご登録ください。

【無料メールセミナー】社長と会社にお金が残る秘訣

※ご登録後、すぐに最初のメールセミナーをお送りします。