【専門コラム】ダイヤモンド財務®の着眼点 お金を残す経営財務

当コラムは、「事業は順調なのに、お金が残らない…」「会社のお金の流れがわからない…」「経営判断の基軸になるものがない…」「税金からお金を守りたい…」「銀行対応で失敗したくない…」「無策なままの相続対策を何とかしたい…」このようなお悩みを抱えた同族会社のオーナー社長・2代目社長のための専門コラムです。(毎週水曜日更新)

財務中心の会社づくりに必要な視点とは?

第40話_WEB横500・-FB縦200.png

第40話:財務中心の会社づくりに必要な視点とは?

「舘野さん、今年は、長年温めていた新規事業が花開いたということもあって、飛躍の年になったと自負しています。ですが、その反面、会社の成長とは裏腹に会社内の管理体制が全然追いついていなくって、月次決算もままならない状態なんです。動かす金額の単位もドンドン大きくなってきたので、このままではさすがに不安です。」先代社長から引き継いだ会社を第二創業によって再興させたある二代目社長さんからのご相談です。

会社を成長させていくためには、上手にお金を残し、上手にお金を使ってさらに増やす、という善循環が当然ながら必要なのですが、この善循環のしくみを上手く回していくためには、「財務中心の会社づくり」が不可欠になってきます。

その一方で、節税対策と称してむやみやたらと交遊費に充てたり、不要不急の設備投資や自社ビル建設に走ったり、あるいは、営業マンの情にほだされて、よくよく考えたら必要のない保険商品や株式、不動産を購入してしまって、気が付いたら、「本当に必要な次の事業発展のための投資が、出来なくなってしまった」などなど、一時の判断ミスを、密かに後悔されている社長さんも多いのではないでしょうか。

これらは、決して「お金を使っちゃダメ」という趣旨の話ではありません。あくまでもお伝えしたいのは、「お金の使いどころを間違ってしまうと、自社の将来を自らの手で摘んでしまう結果になりかねないですよ」ということです。交通事故の「判断一瞬」「後悔一生」の標識ではありませんが、正しい判断を下すための社長専用のモノサシがないと大変危険なのです。

特に、急に大きな利益が出た場合や、急にお金持ちになった場合は、本当に注意が必要です。
なぜなら、人間誰しも心の中には自己顕示欲というものが潜んでいます。そして、その自分自身の自己顕示欲をアピールしたいという願望と、社長本人に正しい経営判断のモノサシがないというワキの甘さに付け込まれてしまうと、百戦錬磨のセールスマンからしてみれば、言葉は悪いですが、いともたやすくカモにされてしまうリスクがはらんでいるのです。
だからこそ、社長のお金、会社のお金を狙っている輩は大勢いるということをよく知った上で、正しい判断を下すための「社長専用のモノサシ」を持つ必要があるのです。

では、社長にとって最も重要なことは、何でしょうか?
それは、いうまでもなく、「会社の未来をつくること」です。

そして、会社の未来をつくるためには、当然ながら「お金」が必要です。
社長は、その理想の未来をつくるために、必要十分なお金を最良のタイミングで常に投下出来るようにしておかなければなりません。それができなければ、遅かれ早かれ、事業は尻すぼみの一途をたどってしまうのは、自明の理です。

よく、会社の調子が悪くなると途端に、入金や支払のサイトを厳しくしたり、何でもかんでも手あたり次第にコストカットに走るという社長さんがいらっしゃいます。

ですが、それで本当に会社は良くなるのでしょうか?
それはあくまでも一時しのぎの対処療法にしかすぎないはずです。一時しのぎの対処療法で瞬間的に生き延びたとしても、それではまた同じことの繰り返しになってしまいます。

社長が本当にしなければならないのは、将来に向かってどうやってお金を残して、それをどうやって使い、さらに増やしていくのかを考えることになるはずです。そうゆう意味では、特に、コストカットは「諸刃の剣」でもある劇薬と認識して行うべきなのです。

人員整理や外部ブレーン、商品の原材料変更など、自社にとって「本当に必要なもの」と「代替可能なもの」を見誤ってしまった場合には、コストカットの効果以上のデメリットが待ち受けているということも、よくよく理解した上で判断すべきなのです。

財務中心の会社づくりは、目指すべき理想の未来から逆算して、如何にお金を残し、上手に使って増やす仕組みを築きあげていくかという長期的視点が最も重要なのです。

あなたの会社は、輝かしい理想の未来が描けていますか?
理想の未来を支える強い財務基盤が、築かれていますか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント
舘野 愛

————————————————————————————
【同族会社のオーナー社長・二代目社長専門の財務コンサルティング機関】
社長と会社のお金を増やす 儲かる資金繰り・節税対策・資金調達
 100年企業を目指す「ダイヤモンド財務®」のユメリアコンサルティング
————————————————————————————